布団クリーニングシミ抜き処理
◆布団クリーニング
年間約100,000枚の寝具類をクリーニングさせて頂いております。
修理やシミ抜きなどお客様のさまざまなご希望にお応えしております。
1.綿の種類によって、洗剤を変えて洗っています。
布団の綿は、羽毛・羊毛・綿・化繊に大別できますが、綿の素材ごとに
使用する洗剤を最適なものに変えて洗います。
綿の種類ごとにクリーニング工程は決まっており、使う洗剤の量・種類も含めて
コンピュータプログラム化されています。
手作業で行うと品質を一定に保つことが難しいのですが、
この方法だと品質を一定に保つ事が出来ます。

2.お品物はコンピュータで管理されています。

全国から集まってくるお品物は伝票で管理すると
問い合わせに迅速に対応することができず、又、間違いも防ぎづらいため、
お布団1点1点にバーコードタグを付けてコンピューターで管理しています。
丸洗いし、清潔になったお品物を迅速に…正確に…を日々目指しています。


3.お布団の種類によってクリーニング後の乾燥工程を変えています。
最新式の洗浄機はで水洗いしたあと、
【平面乾燥機→タンブラー】により、乾燥とふんわり復元の工程を行います。
しかし、羽毛の厚手タイプや綿の敷き布団・ダブル/キングサイズのお品物などは、
クリーニング後の【平面乾燥機→タンブラー】の工程が2回必要になります。
又、ボックス型静止乾燥機・室(むろ)型乾燥機も併用致しております。

4.お布団は簀巻きにした状態でクリーニングされます。

一般衣料やシーツ・ホーフなどのクリーニングは、揉み作用とたたき作用によって汚れを落とします。しかし、同じ方法で布団を丸洗いすると中わたが切れたり、
寄ってしまったりします。
そのため、当社では、お布団を簀巻きにして洗浄機に隙間なく詰め込み、
中わたに液体洗剤を浸透させ、汚れを溶かして除去するという特殊な方法を用いています。


5.最初の検品に時間をかけています。
ペットの毛や穴が開いたお品物など、事前処理が必要なものも数多く入ってきます。
最初に検品を確実し、穴の修理やペットの毛が付いたお布団の選別・
毛の除去作業に時間をかけます。
又、ペット臭や毛が付いていたお品物は、通常のお布団と分けて洗います。
これらのお品物はクリ溶剤から工程まで別扱いとなっています。

6.仕上がり時の3大チェック
【水洗い→乾燥→復元】の工程の最後に、
1.しみ汚れは落ちたか?
2. 乾燥復元状態はOKか?
3. 綿が寄ったり破れなどは大丈夫か?等の検査を行います。
シミ汚れや乾燥不十分と判定されたお布団は、「洗い直しノート」に
記入してから担当部署に戻します。
お客様からの問い合わせに迅速に対応するためです。
布団乾燥機
布団補修画像
靴洗浄内側用画像
◆ブーツクリーニング
年間約7,400足の靴・ブーツをクリーニングさせて頂いております。
1.“ジャブジャブ”“ザブザブ”…靴・ブーツの中も外も完全に水での丸洗いです。
一般的にブーツ・靴クリーニングと言いますと、皮の表面に洗剤をつけ、
擦る様にして汚れを落とすのが一般的です。
しかし、当社では、革の中に染み込んだ汗・皮脂分を落とす事を第一に考え、
中まで完全に水洗いします。
これで、汗などの水溶性の汚れや、嫌な臭いを取り除きます。
又、革専用に開発された特殊中性洗剤を使用し、革を痛めない様に汚れだけを
落としています。

2.専用柔軟加工剤を使用し、革のやわらかさを蘇らせます。
履きこんでいくうちに、革から油分が抜けていきます。これらを補い、
履き心地の良さを損なわない・蘇らせる事も大切だと考えています。

3.靴・ブーツ共、染色・補正設備を持ち、スタッフが常駐しています。
靴・ブーツはお品物それぞれで色合いが異なるものです。
擦れなどによる色落ちなどに対し、染色しない方がよいものを除き、
一足一足の靴の色合いに合わせ、塗料を調合して染色します。
又、ステッチが大切なブーツ等も多数ございますので、これらには、一点ずつ
マスキング処理が施されます。2色以上のコンビシューズ等も同様です。
バッグ検品
◆バッグクリーニング
年間約3,300点のバッグをクリーニングさせて頂いております。
1.全て手洗いが基本です。
布地・革の収縮と色の滲みに細心の注意を払って作業致します。

2.バッグのデザインと素材を大切に…お客様との打ち合わせの上、対応します。
バッグの場合、様々な素材が使われております。この為、
一概に決まった作業は出来ません。塗装・補色作業等の発生や、シミ抜きまで、お客様と細かい打ち合わせを行い、バッグにとって最善の方法でクリーニング致します。
 
着物検品
◆着物クリーニング(なぎさ洗い)
年間約19,000着のお着物をクリーニングさせて頂いております。
シミ抜き・金/銀箔の復元などお客様のさまざまなご希望にお応えしております。
1.徹底検品が基本です。
当社では専用検品カードを用いて、まずお着物の健康診断を徹底的に行います。
虫食い・シミ・ほつれ・金糸・銀糸の刺繍・金箔・銀箔の確認まで、
最善の状態でお客様に大切な一着をお渡し出来る様、作業前の確認を行っています。

2.波の原理を利用した生地に優しいクリーニングです。
ドラムで回して洗う方法とは違い、波の原理を使った揺らして洗う方法を採用しています。
2~3点づつの少数単位でのクリーニングです。生地を痛めず、汚れを落とす事が可能です。

3.“抜く技術”と“足す技術”でお着物を鮮やかに蘇らせます。
当社には、一級染色補正師・二級染色補正師と言う国家資格を持った技術者が在籍しております。青に黄色を足すとグリーンになるという様な配色の知識を備え、生地の微妙な
色合いを見ながら補色する経験を積んだ熟練スタッフです。
又、シルクのシミを抜く技術は非常に高度なものを要求されますが、これらを経験として備えています。

4.和服専用の仕上げ台を使用しております。
通常のクリーニング店で使用する仕上げ台とは異なります。和服の丈よりも長く、
仕上げを綺麗に行う事が出来ます。
又、着物クリーニングでは、アイロンを直接、お着物の生地に当てない
“湯のし仕上げ”を行いますが、発生する蒸気は絶えず仕上げ台の下から
抜き取られていく様、工夫されています。
これは、着物に水分を残さない事で綺麗に仕上げる事が可能な事、
又、型崩れを起こさない様に配慮されたものです。
なぎさ洗い/着物クリーニング
シミ抜き紹介画像1
◆シミ抜き
年間約7,300点のお品物をシミ抜きさせて頂いております。
1.着物に対するシミ抜き技術を応用しております。
シミ抜きが難しいとされるシルク製品…この技術は着物のシミ抜きによって培われてきました。これらの知識と技術を一般の衣類に応用しお客様のご要望にお応え致しております。

2.専門工場がございます。
最新の設備を導入し専門スタッフが常駐、日々、ノウハウの蓄積と技術の向上に努めております。
 
ジュータン洗浄風景
◆ジュータンクリーニング
年間約12,000点のジュータン・カーペットをクリーニングさせて頂いております。
1.水でまるごと洗います。
ジュータンクリーニングは、一般的に小型機材を用いてスチーム洗浄式で処理されます。
当社でも一部のお品物はこれで対応しています。
しかし、ほとんどのお品物は大型洗浄施設での完全水洗い方式で行っています。
これは、汚れを落とす事を重点としたクリーニング方式です。
スチーム洗浄では落ちづらい、足の裏から付いた皮脂の汚れ等も落とす事が出来ます。
クリーニング後は、“サラッ”とした感触が蘇ります。

2.大型遠心型脱水機を完備致しております。
一般的には、スチーム洗浄で行う6畳の段通クリーニングも水洗いで対応する事が出来ます。

 
毛皮・皮革クリーニングイメージ1
◆毛皮・皮革クリーニング
年間約21,000点の毛皮・皮革製品をクリーニングさせて頂いております。
1.毛皮を元気に!…パウダー洗浄
永くご愛用になられるお品物が多い毛皮製品には、パウダー洗浄を施しております。
これは、油脂分が配合されたクリーニング専用パウダーを毛皮に付着させ、
汚れだけをパウダーに吸着させて絡め取るタイプのクリーニングです。
油脂分は毛皮自体に吸収されますので、潤いを毛皮に与える事も出来ます。

2.皮革製品は丸ごと水洗いが基本です。
革ジャンパーなどで多い銀面タイプの製品は、クリーニング後、ご希望に応じて、
染色補正を施します。新品同様の輝きを復活させると共に、革の良い匂いも蘇ります。
スエードは、色落ちしない製品も多くなってまいりましたので製品を見ての処理に
なっています。

 
 
布団工場機器1
◆特殊クリーニングの専門会社/エンパイアー 化学研究所
全国に約350店舗を持つ、株式会社 エンパイアー クリーニングの関連会社です。
元々は革のクリーニングについて研究している会社でした。
その頃の名称を現在でもそのまま残しています。
ちなみにエンパイアーは、創業当時一般公募によって命名されました。
現在、布団クリーニングは勿論、ジュータン・毛皮・皮革・ブーツ・靴・バック
着物等
のそれぞれの専門工場を持ち、熟練したスタッフが作業に当たっております。


事業内容
1.毛皮、皮革製品のクリーニング及び染色、修理、加工
2.ジュータン及び家具類のクリーニングならびに修理、加工
3.各種織物及び繊維製品のクリーニングならびに特殊加工
4.寝具類及び寝具付属品のクリーニングならびに修理、加工
5.寝具類及び寝具付属品の販売・レンタル


資本金/20,000,000円
創立/昭和41年2月12日
役員/代表取締役社長 山下 準平/常務取締役 佐藤與士男/取締役 山下 譲 以上3名
取引銀行/北洋銀行 三菱東京UFJ銀行
社名/株式会社 エンパイアー 化学研究所
大谷地工場/北海道札幌市白石区本通21丁目北1-5
東苗穂工場/北海道札幌市東区東苗穂3条3丁目1-94
株式会社 エンパイアー 化学研究所
〒001-0023 北海道札幌市北区北23条西5丁目-2-37
TEL:011-861-2909 FAX:011-861-2950
店舗運営責任者:桜井 幸雄(営業)

布団工場機器2
 
フリーダイヤルイメージ 問い合わせイメージメール用画像
 

 

エンパイアー化学研究所ロゴバナー
〒001-0023 北海道札幌市北区北23条西5丁目-2-37 TEL:011-861-2909 FAX:011-861-2950  店舗運営責任者:桜井(営業)
Copyright 2011 株式会社エンパイアー化学研究所 All Rights Reserved.